オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: 日記

【求人募集】

はぁとるでは一緒に働く方を募集しています。事業拡大のためです。

今回募集させていただいている方はできれば経験者で、より自由に働きたい方が合っていると思います。インディードやハローワークでは未経験の方も対象としていますが、このブログでは豊田市や岡崎市、またはその周辺で今の職場に何か不満な点がある方がうちの事業所で結果を出してもらいたいと思い、声かけさせていただきます。

 

【住宅改修工事 浴室折れ戸へ取替】

お風呂が開き戸だと洗い場のスペースが狭くなったり、もし中で何かあったとにすぐには開けれないです。これは介護が必要になった時に初めて気づかれる方が多いです。

しかしリフォームで折れ戸へ変更ができます。

不自由を感じているかたは介護保険で扉交換工事をさせていただきます。

注意:扉交換はサッシの枠に限ります。

【在宅介護向け電動ベッド Emi】

シーホネンスから新発売のベッドです。

このベッドは「電動ヘッドレスト機能」が搭載されています。

背上げだけでは出来ない、顎を引いた姿勢になるので誤嚥リスクの低減になります。

 

【吸引器の取り扱いを開始します】

  吸引器をレンタル・販売開始いたします。納品と商品説明のみになります。というのは、

吸引・吸入は医療行為なのでこちらでおこなうことはできません。ご使用に関しては必ず医療従事者の指導を受けてください。

ミニックS-Ⅱ・・・スタンダードタイプ

月額レンタル代:3,240円(税込)

 

ミニックW-Ⅱ・・・ハイパワータイプ

月額レンタル代:5,076円(税込)

 

セパ-Ⅱ・・・吸引と吸入が1台で出来るタイプ

月額レンタル代:5,076円(税込)

 

レンタルの場合でも衛生上購入していかなければいけないパーツもありますので、申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。

・プラボトル

・7×11吸引チューブアダプター2m

・本体接続ホース

・ネブライザーキットC

・ネブライザーキット収納ケース

吸引カテーテルも別売りになりますので、サイズの確認をお願いいたします。

 

【新年のご挨拶】

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

今年もまだコロナウイルスの影響がでそうです。

当事業所としては今後もサービス向上を目指し、介護サービスが必要な方すべてに一番のサービスが提供できるよう努力いたします。

 

【年末のご挨拶】本年もお世話になりました。

【年末のあいさつ】

本日が今年度の営業最終日になります。

本年もお世話になりました。

今年は一年ほぼ新型コロナウイルスの影響を受けたものでした。

不要不急の訪問が難しくなり、当事業所を知っていただく機会が減るのかなと思っておりましたが、SNSなども発信は増えたことにより今年もたくさんの方の知っていただきお仕事を一緒にさせていただきました。

ありがとうございました。

 

【リフォーム】介護リフォームの場合のユニットバス工事

【介護リフォームの場合のユニットバス工事】

要介護認定を受けている方の場合はシャワーチェアを使用している場合が多いです。

皆さん桶などを使っているケースが多いのでシャワーチェアを使用すると桶も置くカウンターがほしくなります。

ユニットバス工事をする際にもし利用者様がシャワーチェアを使用している場合はカウンターをお勧めします。

【リフォーム】木製折り戸の機能ドアのご紹介

大建工業から機能ドアのご紹介。木製の折れ戸です。

住宅改修工事でトイレの扉でよく施工しています。

開き戸だと開閉時にスペースをとったり、そもそも開き戸を開くという動作が平衡感覚が鈍い、体幹が弱い高齢者にとって転倒の危険があります。

引き戸はスペースが必要になってきます。

そうすると折れ戸という選択がとても役立つケースが多いです。

建具屋さんに折れ戸のみを作成するケースもあれば、大建工業のように枠ごと折れ戸にするケースもあります。

【体調管理】ヒートショックの危険性

12月に入り体調を崩されてご入院される利用者様が多くなってきました。

温度差によるヒートショックが原因の場合もありますし、病気の悪化も考えられますがお体に気を付けてください。

ヒートショックとは家の中での急激な温度差により血圧が大きく変動することで失神や心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こし、身体へ悪影響を及ぼすことです。

 

福祉用具で対応できることがあれば、早急に対応していきます。

【屋外用手すり設置】たよレールSOTOE

たよレールSOTOEを両手すりタイプにしました。

屋外の設置なので玄関先がちょっと目立ちますが両手すりにすることで安定感が抜群です。上り下りに片側のみだと不安の方は両手すりをお勧めいたします。