ブログ|はぁとる

オフィシャルブログ

これからの寒い季節、入浴が困難なら温浴シャワーベンチがあります

これから寒くなってくるとシャワーだけでなく湯船に入りたいです。ただ、介助負担が大きい場合はなかなか入浴は困難になってきます。そこで今一度この商品をご提案したいと思いました。

工事不要で簡単に設置できます。シャワーベンチに座ったままで温浴ができ、身体の芯まで温まることができます。

手間としてはシャワーヘッドを外して取付するという手間があるのと、自宅だとご家族もみえるのでシャワーベッドの取替自体が大変になってきます。

自宅だけでなくデイサービスさんでも使えそうです。

玄関に木製のスロープを作成いたしました。介護保険対象工事です。

 

玄関に木製のスロープを作成しました。よくあるのがレンタル品のスロープですが、今回は今後ずっと使用されるということで木製のスロープを作成するという方法をとりました。

使用していくと表面の汚れが気になりますのでクリアの塗装をしています。

 

面で支える手すり。見た目はほとんどイスです。イスのパナソニック、スタンディ

パナソニックからでている折りたたみ可能な面手すりスタンディです。

パナソニックさんの説明としては面手すりと棒状手すりの両方を備えている手すりですので低い位置からの立ち上がりから歩き出しまでサポートしてくれることや、面で支えてくれるので握ることが難しくなった方にもおすすめとのことです。

普通に見たら腰かける用のイスと手すりの機能があるように見えますが、介護保険でイスをレンタルすることはできませんので、面手すりという意味でのレンタルなのだと思っております。

玄関での設置例が多いです。

 

補聴器は使えるかどうか心配な方へ、集音機のご紹介

 

補聴器よりもお手軽に購入できる集音機です。約1万円から商品があります。補聴器だと調整が難しいですが、集音機であれば調整が簡単。イヤーフォースミニはお洒落でコンパクトな高性能集音機です。

立ち座り困難な場所に設置できる持ち運び手すりスタンバー

ミライズから発売されている持ち運び手すり「スタンバー」です。

軽量なので様々な立ち座り困難な場所に設置できます。

この手すりは立ち座りの補助として役立ちます。寝返りなど、手すりを横側から引くと軽量なので動いてしまいます。あくまでも立ち座りでお使いください。

立ち座りでよく使われているのがたちあっぷなど、鉄板ありの手すりです。ただ、「絶対使える」となっている現場でも利用者さんが硬くなり「使いたくない」となることがたまにあります。

そういった介護サービスをなるべく受けたくないと我慢されているケースでもこれなら使っていただけると思います。

抑速ブレーキ付きの歩行器、コンパルについて

コンパルという歩行器です。一番の特徴はタイヤが抑速ブレーキというものがついています。

この抑速ブレーキとは、歩行速度に応じてタイヤの方で自動的にブレーキをかけてくれる装置になります。急な加速で歩行器のスピードが上がりすぎるのを抑制します。この機能により進みすぎの転倒を予防します。

ブレーキは3段階調整で歩行状態に合わせて調整致します。

腰かけて休憩できるピックアップ式の歩行器

イーアスプラスから出ている固定型のピックアップ式の歩行器ですが、ゆったり幅の座面がついています。

歩行補助だけでなく腰かけて休憩できるというピックアップ式としては変わった歩行器になります。

かわいいと評判の歩行器 ヘルシーワンW

ヴィズワン(象印ベビー)から発売された歩行器です。座るイスがないかわりにコンパクトで軽量になり、手軽に歩行器を使用できます。屋外の歩行が少し不安になってきた方にいいと思います。デザインもおしゃれです。

狭いスペースでも可能な馬蹄型歩行器アルコームーブα

アイルリンクから出ている歩行器、アイルムーブαです。

馬蹄型の歩行器ですが、持ち手をH型にすることで前からも後ろからも使用が可能になります。トイレや脱衣所など方向転換が困難な場合、狭いスペースで歩行器の向きを変えなければいけないですが、前からも後ろからも使えるということは方向転換が必要ありません。

手すり取付の高さや握りやすい手すりの太さについて

【手すり取付の高さや握りやすい手すりの太さについて】

高さは被保険者の身長や体重に合わせる必要があります。歩行補助を目的とした手すりを設置する場合、地面から手すりの上部までの高さは、約75㎝~85㎝がベストになります。

太さと形状は手すりの握りやすさは重要な要素です。手すりのベストな太さは直径が約2.8~3.5㎝です。

手すりの形状は、握力の弱い人でも握りやすい円状がおすすめです。