ブログ|株式会社Lacrie

オフィシャルブログ

幸田町の住宅改修の申請が厳しくなりました。

介護保険の住宅改修の申請について、やはり税金だし、住宅改修工事の20万のうち、国だけでなく県、市なども負担する割合があるので市町村はしっかりと申請受付しなければいけません。

なので、今回から厳しくなりました。

今回幸田町は理由書や申請書の出来についてとても高いものを求められるようになってきたのと、事後の写真について、手すりの写真だけでなく、実際本人様が使っているところの写真が必要になりました。

利用者様によっては写真撮影で動くことが大変な場合もあるかと思いますが、その時はよろしくお願いいたします。

屋外手すり【マツ六のフリーRレール】

現場で自由に曲げることが出来る屋外手すり、マツ六のフリーRレールです。

現場に会った滑らかなカーブを実現できます。オーダー手すりのような滑らかなコーナー部。90°まで曲がります。

【タイルの壁に手すりを取り付け】

トイレやお風呂の壁はタイルで出来ていることが多いですが、タイルでも手すりの取り付けは可能です。写真の手すりはTOTOのインテリアバーFシリーズで、60㎝は8500円(税抜)に取付工賃は1カ所4000で行っています。トイレでも木製手すりでなく、抗菌仕様で洗いやすいので樹脂タイプがお勧めです。

豊田市すこやか住宅リフォーム助成事業

令和2年8月1日から豊田市すこやか住宅リフォーム助成事業の内容が変更されます。

対象者は介護保険認定者で在宅で生活している人で、介護保険自己負担割合が1割の人限定になります。(以前は2割負担、3割負担の方も可能でした)

以前は敷地内の外出通路照明の設置が対象でしたが、今回から対象外になります。

以前は人世帯40万円だったのが、今回から一人20万円(1割の負担有り)になります。

受領委任払いが可能になりました。

注意事項としては、今助成金で工事している方、及びする予定の方は7月31までに工事完了と集金を済ませないと以前の条件で支給されませんのでご注意ください

ウッドデッキ取付完了しました。

今回のウッドデッキは、掃き出し窓から洗濯物を干すためのスペースとして作りました。

布団を干すための策がほしいということでしたので、転落予防もかねてフェンスを取付致しました。
IMG_20200529_170735
女性の方が洗濯する機会が多いと思います。高齢者の方であればあるほど女性が洗濯するのがあたりまえになっているでしょう。
そんな毎日をなるべく安全に行うために、

今回は介護保険工事ではないですが、安全のためにウッドデッキを取付致しました。

【改修工事】和式を洋式便器

和式を洋式便器にするために、まず段差がついている場合は段差の撤去、床を下地が組めるぐらい解体し、ガラや土を搬出、処分しなければいけまん。

この時にリフォームとして考えれているお施主様へは壁や天井など、まるまるリフォームします。

介護保険工事で見た目よりも、立ち座りが楽に安全になればいいという方は床だけ解体します。(壁などは補修します)

和式での立ち座りは誰が見ても大変なので、介護保険が使える方はしっかりと申請をして、工事をさせていただきます。

 

ウッドデッキ工事

高齢の方が掃き出し窓から洗濯物を干す際に、手作りでウッドデッキを作っていたので、今回しっかりとしたウッドデッキを取付することになりました。

普段は介護保険を絡めた工事ばかりですが、介護保険外の自費工事でよくあるのがウッドデッキ工事です。

身体機能の低下があっても日常の家事は継続していきたいという気持ちの方はたくさんみえます。その方々のために少しでも手助けできればと思います。

リフォーム工事と合わせて住宅改修工事

リフォーム工事と合わせて住宅改修工事を行うことがあります。

手すりもよくあるブラウンだけでなく、ブラックやホワイトなどもあります。

クロスの張替えなどの工事と住宅改修工事を一緒に行う場合、クロスの色と合わせて手すりのカラーも選びましょう。

写真の手すりはLIXILのものになります。住宅改修部材を販売している会社でなく、一般住宅の建材メーカーなので品数はマツ六などよりも少ないですが、だいたいの種類はあるため、まず普通に工事はできます。

IMG_20200429_152234_906

高齢者対応ならではのトイレ、器具選び 【 リフォーム】

器具についてはリフォームであれば高機能、低価格、メーカー独自の機能など好きな商品を選んでいただいて大丈夫です。

介護保険を使った工事の場合、高齢者の方が使いやすいものを知っておくといいと思います。

まず器具について、便器と器具の分離型に手洗い付きがありますが、高齢者だとタンクの上で手を洗うのがやりにくい場合があります。

その場合は手洗いキャビネットを新規で取付するのもいいです。
便座の機能で役立つのが、フタの自動開閉だったり、自動洗浄機能です。
自分で開閉する動作が危なかったり、洗浄レバーを動かす動作が危ない場合があります。

流し忘れもあるので予算に余裕があればフルオート便座もいいかと思います。

洋式便器、取替工事の注意点

現在洋式便器で新しい洋式便器に交換する場合、給水の位置と排水位置を確認します。

給水位置は壁からでも床からでもいいのですが、新しい便器の承認図を確認し、問題ないか確認しましょう。

排水位置(排水芯)はある年代からでないと排水芯200ではありません。以前のタイプは550から250、イナックスのカスカディーナだと120という商品があります。
その位置をまず確認し、新しい便器は排水芯200か可変式タイプ(リトイレ)になるのかを確認し、取付可能なものを選びましょう。

もし、クッションフロア張り替えやクロス張り替えをする場合はこのタイミングで行うのがいいです。